人気ブログランキング |

ノルマンディーの風

猫のような犬

d0223186_23034790.jpg




※愛犬家のためのフリーペーパー「WONDERFUL STYLE」の休刊のため、

WEBサイトで連載していた「秋田犬とフランス田舎暮らし」のブログ記事を再掲載します。

ご覧いただいていた方は、再掲載分が終わり、続編になるまで、再度お付き合いください。







秋田犬と聞いて、どんなイメージをお持ちですか? 


私の実家では柴犬を飼っているのですが、

年に1回しか帰ってこない私にはなかなか懐かず、

帰る度に吠えられる悲しい関係です(泣)。

そのため、柴犬というものは頑固で手強い性格だと思っているのですが、

日本でもほとんど見たことのない秋田犬のイメージといったら、

「忠犬ハチ公」くらいで、ほぼ皆無。


したがって、秋田犬の子犬を探している時に、

フランスのブリーダーさんから詳しく聞いたのが初めてながら、

みんなが口を揃えて言うには「猫のような犬」とのこと。




d0223186_23034759.jpg




フランス語なら「chien-chat」となるのですが、

実は「猫のような犬」とは日本で言われていることなのだとか。

それで調べてみたのですが、

秋田犬を「猫のような性格」と紹介している日本のサイトは見つからず。


海外だからこそ柴犬同様、

「洋犬と比べて日本犬は猫のようだ」というイメージがあるようです。


猫好きの私にとって「猫のような犬」というコメントが、

秋田犬を飼う一番の決め手となったことは言うまでもありません。


でも、「猫のような犬」とは、一体どういうことなのでしょう?




d0223186_23034738.jpg




あるブリーダーさんが言うには、

秋田犬は長距離を走ったりするスポーツマンタイプではなく、

ほとんど寝てばかりいるのだとか。


うちに来た秋田犬のユキもまだ子犬ですから、

猫を追いかけたり、来客に大喜びしたり、

興奮はするのですが、それも一時のみ。

その後はうちの猫たちと同じように寝ているのが日課です。


はしゃぎすぎて家にある物を壊すことは一度もなく、

外でボールを投げて遊んでみても、

3回目くらいからすでにやる気をなくすほどの怠慢さ! 


子犬といえども、すでに「おばあちゃん犬」のように動きがものすごく緩慢なのです。




d0223186_23034719.jpg




また、最初の頃こそ、家の中で粗相をしてしまうことはあったのですが、

生後3カ月を過ぎると、家で仕事をしている私の横に来て、

おしっこをするために外に出たいと催促するようになり、

粗相はまったくなくなりました。


脚だって自分で舐めてきれいにするほどで、

まさに猫のようにきれい好きというわけです!

 

とはいえ、「猫のように」とは、いい面ばかりではありません。


「猫のように自分の好きな時にしか言うことを聞かない」というのが、

実は「猫のような犬」と呼ばれる一番の理由だったのです。







by yokosakamaki | 2019-03-25 00:56 | うちの秋田犬物語