「ほっ」と。キャンペーン

ノルマンディーの風

赤い長靴

d0223186_22364321.jpg

            田舎暮らしを始めるにあたり必要な物といえば、長靴。
            考えてみれば、長靴なんて子供の時以来、履いたことがない。
            ましてや自分で買うなんて初めてのこと。
            どうせ買うなら、外へ出るのが楽しくなるようなかわいい長靴がいい!
            
            と、勢い勇んでみたものの、
            近所の園芸センターで売っているような長靴は、
            どれも緑や茶色の地味なものばかり。
            そしてカラフルな長靴といえば、子供用の小さなものばかり。
  
            膨れっ面で“赤い長靴”を探してぐるぐる回る私に、
            「それを履いて街に出かけるんじゃないんだから」
            と、うちのフランス人、FanFanは呆れ顔。

            もちろんですとも!
            はりきって田舎暮らしを始めるために、赤い長靴が必要なのです!
            お気に入りの雨傘を買ったら、雨の日が待ち遠しくなるように。

            そういえば、子供の頃は長靴を履いて、
            思う存分水を蹴散らしながら、
            水溜りの中をじゃぶじゃぶ歩くのが好きだった。
            ズックを履いていても、
            最初はなるべく水にぬらさないようにして歩くのだけれど、
            徐々に中まで水が染みてくるから、
            もういいやって、水溜りにじゃばっと足を突っ込むのが好きだった。
            ズックの繊維の小さな穴という穴から、ぞろりと水が入り込み、
            一気に足を包み込むのが感じられ、結構快感でもあったのだ。

            あの快感って開放感でもあったんだろうな。
            でもその後は、不快そのもの。
            靴下は足にへばりつき、
            ズックは重みを増して歩くたびに水が中から吹き出してくる。
            そして、長靴を履いていなかったことを後悔したものだった。


            そんなことにならないように、“赤い長靴”が必要というわけ。
            これさえあれば、水の中、泥の中、砂の中、
            どこへでもスキップしながら行ける!

            さあ、田舎暮らしの始まりです!! 
            
             
d0223186_36313.jpg
            


            ね、アンタも気に入ったでしょ?


            
[PR]
# by yokosakamaki | 2011-03-06 00:57 | お気に入り