ノルマンディーの風

猫たちの春

d0223186_693620.jpg

             朝起きて外に出ると、
             冷気で身が引き締まり、吐く息も白い、
             3月頭のこと。

             この頃の猫たちのお気に入りの場所といえば、
             中庭のど真ん中に停めてあったトラクターの運転席。
             オンボロでもガラス張りになっているため、
             温室状態で暖かいのだろう。
             大抵、ミヌー母さんとパシャが交互で、
             座席の上に座っているのが家の中から見えた。

             でも、その朝は運転席に2匹一緒に並んで座っているのが見える。


             これは珍しい!
             とカメラを片手にトラクターに近づくと、何だか変だ。

             パシャは常に朝からハイテンションな男なので、
             私が朝起きるとキッチンの入り口のガラス扉の前に陣取り、
             何やらわめいているのがいつもの朝の光景。

             でも、私がトラクターに近づいても、
             何も言わないばかりか、降りても来ないなんて。
             先にミヌー母さんは降りて来たというのに、
             独りで固まって、微動だにせず。


d0223186_51691.jpg



             ますますおかしい。
             うなだれているようでもあり、
             よく分からないまま、とりあえずそのままにしておくことに。

             猫たちに朝ごはんをあげ、
             自分も朝ごはんを食べ終わったけれど、
             パシャはトラクターから動く気配をみせない。
             さすがに、体の具合が悪いんじゃないかと心配になり、
             力ずくでトラクターから降ろすことにした。

             パシャの大きな体を抱えると、抵抗はしないのだけれど、
             何かを訴えるかのように鳴き止まない。
             そのまま家のサロンの中の彼の場所に運んでいくと、
             うずくまったまま、じっとしている様子。

             朝ごはんも食べていないし、
             一体どうしたのかと気になりながらも、そばで仕事を開始。
             午後になって、ふと起き上ったかと思うと、
             後ろ足をかばうようにひょっこひょっこ歩いている。

             やっぱり怪我したんだ!と思い、
             パシャの足を点検してみたけれど、外傷はなし。
             夕方になって、再び起きたパシャは、
             ゆっくりながらほぼ普通に歩けるようになり、
             小さな声でごはんを請求するまでに復活。

             結局、体には問題ないようだけれど、
             パシャに一体何が起こったというのか。



d0223186_559980.jpg




             思いつくことと言えば、
             最近やたらと中庭に出没するようになった大きな黒猫のこと。
             家まではやって来ないのだけれど、
             向かいの納屋の前をウロウロする姿をよく見かける。

             パシャとにらみ合っている姿を見たこともあるし、
             暗くなってから猫が喧嘩する声が聞こえたことも。
             もしや、あいつがパシャの意気消沈の原因か!

             念のために、ネットで検索してみると、
             縄張り争いで負けた猫は後ろ足を怪我するらしい。

             そうか、負けちゃったんだね。。。

             と思うと、朝からのパシャの様子が可笑しくて仕方がない。
             いや、猫だって落ち込むことはあるでしょうし、
             それを笑ってはいけないけれど、
             何といってもあの強気なパシャが、
             朝ごはんも喉に通らないほどのダメージを受けるとは!!

             さらに、ミヌー母さんの傍にいて慰めてもらっていたかと思うと、
             それはもうすぐ3歳にもなる大の男のやることなのか?

             いやいや、やっぱりパシャらしい(笑)。


d0223186_643524.jpg


             
             
             逆に腹が立って来るのが、あの黒猫。
             聞くところによると、畑向こうにある家の新しい賃借人の猫だそう。
             自分の家の縄張りで負けてしまうパシャもパシャだけれど、
             他所の家に入って来て、喧嘩を仕掛ける黒猫はどうなのよ!

             喧嘩に負けようが、何しようが、パシャはうちの猫ですからね。
             勝手にうちを縄張りにしないでよ!!


             その後も何度か黒猫の姿は見かけたけれど、
             それ以上の喧嘩には至らなかったよう。

             でもこの春、うちにやって来た猫は、
             黒猫だけではなかったのです。






             
             





             


             
[PR]
# by yokosakamaki | 2014-11-09 07:19 | うちの猫物語