「ほっ」と。キャンペーン

ノルマンディーの風

カテゴリ:ここもノルマンディー( 1 )

モネの世界

d0223186_2211524.jpg

                   私のノルマンディーの印象は“潤い”。
                   フランスの北部にあるため、ほどよく冷気があり、
                   南の地方よりも空気にどことなく湿り気がある感じ。
                   緑も豊かで牧草地や麦畑などの緑はもちろんのこと、
                   林や森の比率も高く、周りは緑でも潤っている。

                   写真を撮っていても思うのだけれど、
                   パリとは色の出方がぜんぜん違う。
                   空気がきれいなのはもちろんのこと、
                   大気中に水分を含んだ細かい粒子が常に浮遊していて、
                   それがさらに光を拡散している気がする。


                   そんなノルマンディーにあるのが、
                   “モネの庭”として有名なジヴェルニー。
                   もちろん、ノルマンディーも広いため、
                   すべての地域が上記のイメージとは限らない。

                   電車で訪れる人が下車するヴェルノンは、
                   街中は家が連なり、この印象は薄まるのだけれど、
                   セーヌ川を渡ってジヴェルニーの方へ向かうと、
                   途端に“潤いのノルマンディー”へと空気がガラリと変わる。
                   手前にセーヌ川、背後に小高い山がそびえ、
                   まさにそこは潤いのある緑の世界。

                   
d0223186_2213189.jpg


                   その中にあるのが“モネの庭”。
                   ありとあらゆる花を集めたような空間は、
                   緑を土台にさまざまな色を散りばめた、
                   色とりどりの世界になっている。

                   とはいえ、この日はイースターヴァカンス真っ最中、
                   しかも週末!
                   大勢の人々がこの限られた空間をぞろぞろ歩くため、
                   残念ながら、モネの世界にどっぷり浸るまではいかず。

                   それでも、ノルマンディーの空気の中で、
                   緑と花に囲まれた睡蓮のある池のきらめきを見たら、
                   モネの世界をチラリと垣間見れた気がした。
                   残念ながら、睡蓮の花も咲いていなかったけれど。

                   この場所で朝から晩まで、
                   光の変化を描き続けたモネ。
                   彼の池の上を漂う空気には、空、水、木、花など、
                   地上にあるすべての色を反射する粒子が、
                   ゆらりゆらりと漂い、独自の世界を作り出しているみたい。


d0223186_22202443.jpg



                   この“モネの庭”で描かれた睡蓮の連作は、
                   パリのオランジュリー美術館にあります。
                   私がオランジュリーにモネの睡蓮を見に行ったのは、
                   もう3年も前のこと。

                   自然光が溢れる睡蓮の連作のある部屋は、
                   モネの希望に基づいて設計されたもの。
                   巨大なキャンバスに降り注ぐ自然の光は、
                   表面をやさしく撫でていきながら、
                   微妙にモネの絵の色を変化させていく。

                   そのやわらかな色の変化に、
                   私は自分の心にまで、
                   自然の光が触れた気がしてハッとした。
                   それは1日中、光の変化を楽しみながら、
                   眺めていたい絵だった。

                   今、ノルマンディーの“モネの庭”に来て思う。
                   モネの絵は自然との合作なのだ。
                   絵のモデルを作るように、花で彩られた庭を作ったモネ、
                   その自分の絵を鑑賞するために、自然光を指定したモネ。

                   そして彼の絵が醸し出すやさしい印象は、
                   ノルマンディーの地だからこそ生み出されたのではないかと、
                   私は勝手に想像してしまうのです。
                   このノルマンディーの潤いのある空気だからこそ、と。

                   
d0223186_22214761.jpg


                                      
[PR]
by yokosakamaki | 2011-05-26 01:00 | ここもノルマンディー