「ほっ」と。キャンペーン

ノルマンディーの風

続・アカントが行方不明!

d0223186_2191683.jpg

            久しぶりに通常の生活に戻って気がついたけれど、
            そういえばこの日、プリュムの姿が夕方になっても見えない。

            牧草地に猫を探しに行くのは私の定期的行事ながら、
            うちの子猫たちもだいぶ大人になり、
            その回数もすっかり減った。

            特にプリュムはうち1番のオトボケだから、
            朝ごはんに来るのも遅いし、お昼ごろにノコノコとやってくるのも普通。
            でも、夕方になっても見えないことは、さすがにないかも。

            最近、忙しくて猫たちと散歩にも出かけてないし、
            久しぶりにプリュム探しに行きますか、
            と、残りの3匹の猫たちを引き連れて夕食前に牧草地に向かった。

            この頃になると、名前を呼ぶとどこからともなく探し猫が出てくるのが普通ながら、
            この日は牧草地の端までたどり着いても、プリュムが現れない。

            日が長いフランスの夏といえども、すでに日は短くなる一方で、
            うちの遅い夕食時ともあって牧草地はぐんぐん暗くなる時刻。
            仕方がないので、名前を呼びながら家まで戻ってくると、
            そういえばアカントの姿も見えないことに気がついた。

            普通ならば、夕食の支度をする私を、
            キッチンの窓越しに眺めているのがアカント。
            今日はすっかり遅い夕食になってしまったけれど、
            まだアカントも帰って来ないとは!

            夕食後、FanFanがアカントを呼んでみたけれど、
            やっぱり姿を現さず。
            寝る前に中庭を見てみたけれど、プリュムもやっぱり帰って来ていない。


d0223186_2552927.jpg
            

            
            翌朝、起きると昨晩帰ってこなかったアカントが、
            ちょっと気まずそうに家の前に座っているのが、
            ごく稀にあるいつものパターン。
            しかしこの日は、朝になってもアカントの姿が見えない!

            猫3匹はちゃんと朝ごはん待ちをしているというのに、
            やっぱりプリュムも見当たらない!!

            プリュムはともかく、初めて朝帰りもしないアカントに、
            FanFanはさすがにヤバイと思ったらしい。

            実家に電話をし、アカントは見ていないとの返事に、
            村のパン屋さんへ行き、近所を回って聞き込み調査をし、
            さらに実家の庭師さんを探して、右へ左へと走り回っている。

            その間に私は、プリュムとアカントの名前を呼びながら、
            残りの3匹の猫を引き連れて再び牧草地に向かった。

            と、あっけなく、
            鶏小屋の傍からプリュムが出てきてアカント探しに合流。
            しかし、牧草地の端までたどり着いても、アカントが現れない!!
            もちろん、お隣さんの庭に向かって名前を呼んでみたけれど、
            こちらもしんと静まり返ったまま。

            でも、猫が行方不明になるのとは違って、
            どう考えてもアカントが自分から姿をくらますとは考えられない。
            さらにあのデカイ図体なのだから、
            交通事故に遭ったならば大騒ぎになるだろうし、
            ましてやあの巨体を抱えて誘拐しようと思う人がいるとはかなり疑問。

            もしかしたら、捨て犬だと思われて保健所に連れて行かれたのかも。
            と思ったのも、先日、フランス南部のプロヴァンス地方に行っていて、
            迷い犬を拾ったからなのだ(話が長くなるのでここでは省略)。


d0223186_20392159.jpg


            
            何の収穫もなしで帰ってきたFanFanと話し、
            周辺の保健所に電話を掛けてみたところ、
            この日は日曜日でどこも留守電。
            
            お昼はFanFanの実家に行くことになっていて、もう出かけなくてはいけない時間。
            仕方がないから2人で車に乗り込み、
            うちの門を出てお隣さん家の前を通りかかると、
            ふと、「そういえば昨日、隣は外壁工事をしていたよね?」とFanFan。

            「まさか家の中に閉じ込められているのでは・・・」
            車を脇に止め、柵の門を乗り越えて、
            FanFanも堂々とお隣さんに不法侵入。
            工事用に貼られていた窓の保護シートを剥し、
            家の中を覗き込みながらアカントの名前を何度か呼ぶと、
            まさかまさかの、アカント発見!!!

            あんた、隣の家で一体何やっているのっ!!!!!!!!!

            外壁工事用の足場に貼られた業者の番号に電話すると、
            やっぱりこちらも留守電。
            運よく、先日の初対面で電話番号を交換していた新お隣さん。
            家に戻って彼らの携帯へ電話を掛けてみると、
            庭の隅に家の鍵が隠してあるとのこと!

            ようやくアカントを救出して、FanFanの実家のテーブルについたのは、
            約束から1時間遅れのことでした。


d0223186_2031282.jpg


            食事中、隣の外壁業者から連絡があり、
            FanFanが事情を説明すると、なんと向こうの言い分は、
            「自分たちが家に入ったら、すでに犬が中にいたため、
            そのまま家の中に入れたまま、ドアを閉めてきた」とのこと!

            前日、私がアカントを檻から出したのは朝10時を過ぎていたから、
            彼らが来る前に家の中にいたことは絶対にないし、
            そもそも別荘で家主がいつ来るかもわからない家の中に、
            犬を閉じ込めたままにしておく?

            FanFanは「アル中め!」と怒っていたけれど、
            他人の家の中に入り込むアカントも相当、おかしいでしょ。            
            FanFanが見つけなかったら、閉じ込められたまま死んでしまったかもしれない。

            それにしてもいくらお隣さんが賑やかだからといって、
            何がそんなにうちよりいいのかが分からない。
            そんなにお隣さんがいいのなら、隣の家の子になっておしまい!!!


d0223186_2137471.jpg



            その後、隣に人がいるときは檻の中に閉じ込めて禁固刑に処されたアカント。
            ある晩、友達のクリスチャンが自分の犬のデュヌを連れて遊びに来ていたため、
            恩赦してあげると、仲良しのデュヌを放ってまで、
            アカントがお隣さん家に行ったのには、みんなで唖然。

            FanFanが呼んだら、すぐに戻って来はしたけれど、
            その時、すでにアカントはお隣さんの食卓の下に陣取っていたとのこと。

            結局のところ、後で分かった話だけれど、
            アカントはお隣さんの食事中、お裾分けをもらっていたらしい。

            食べることが一番の楽しみである動物たち、
            ごはんがもらえるとなれば、そりゃまあ、勇んで隣の家に行くわなあ。
            アカントの目の前に隣からの鶏肉の骨を置き、
            「さあ、これを食べずにうちに忠誠を誓え!」と言ったって土台無理な話。

            となると、問題はアカントというよりも、
            “動物好きなお隣さん”なんではないか。

            いや、毒を盛られてはとんでもないから、
            “動物好き”であるには越したことはないけれど、
            でも他所の家の犬にごはんをあげる必要はないでしょう。
                        
            と思うと、これが犬だから檻に閉じ込めるなり、対処はできるものの、
            うちの猫たちだったらと思うとぞっとする。
            「お隣さんの方がごはんがおいしいから、隣の家の子になる」と、
            猫たちに言われたら一体どうしよう!!!

            作家の中島らもが、隣人と刺身のトロで猫の争奪戦をしていたけれど、
            まさかうちでも鶏肉の骨でアカントの争奪戦をすることになろうとは、
            思いもよらなかった。

            とにかく、お隣さんがたまにしかいない“別荘”で、
            本当によかったと、
            つくづく思う今日このごろなのです。 


d0223186_2211776.jpg

[PR]
by yokosakamaki | 2013-09-23 01:57 | うちの犬物語