ノルマンディーの風

“おんどり”から、さて・・・

d0223186_2381191.jpg

            生粋パリジェンヌ、シャンタルが言っていたけれど、
            「田舎に行ったって鳥の鳴き声がうるさくて、おちおち寝ていられないわ。
            パリにいた方がよく眠れる」

            FanFanも笑いながらよく言うけれど、
            「パリジャンたちは田舎が静かだと勘違いしているけれど、
            トラクターの音を聞いただけで、うんざりしてすぐにパリに逃げ帰るよ」

            そんな“田舎の騒音”のひとつといったら、
            “おんどり”の“おたけび”でしょう。
            雌鳥が卵を産み始めるくらいから、
            うちでも始まりました、朝一番のコケコッコー!

            ちなみにフランス語で雄鶏の鳴き声はココリコー(cocorico)。
            実際にそう鳴いているかどうかというと、
            そう聞こえなくもないって感じ(笑)?

            でもうちは家から鶏小屋まで距離があるし、
            夏の暑い日に窓でも開けて寝ないかぎり(そんな日は稀)、
            雄鶏の鳴き声で起こされることはない。
            
            畑向こうに住む、FanFanの姪っ子の家が一番鶏小屋から近いわけだけれど、
            「FanFanの雄鶏の鳴き声が聞こえてくるよ」とは言うけれど、
            そんなに気にしている感じではなく。

            ま、うちに雄鶏がいなかったとしても、
            四方八方から雄鶏の鳴き声が聞こえてくるのが田舎というもの。
            そんなこと、いちいち気にしていられないのかも。


d0223186_02076.jpg

            
            
            よって雄鶏のおたけびは問題ないとして、
            ところでみなさん、
            雌鳥は雄鶏がいなくても卵が産めるって知っていました?

            私は知らなかった、というより、
            そんなこと考えたこともなかったのですが、
            “ひよこ”になる有精卵はもちろん雄鶏が必要ですが、
            日常的に私たちが食べている卵は有精である必要はなく、
            雄鶏がいなくても産まれる無精卵でいいわけです。

            となると食べるための卵を得るだけならば、
            はっきり言って、雄鶏って“いらない存在”・・・。

            ひよこの時には区別もつかないほど、
            同じ大きさでかわいらしかった雄と雌。
            今や雄鶏の方が雌鳥の倍ほどにも体がご立派に。

            鶏がこんなに大きくなるとは私は知りませんでした。
            雌鶏だって相当たくましい感じですが、
            雄鶏の美しい勇ましさといったら。
            どうりで品評会を開いて美を競いたくなるわけですよ。


d0223186_1592233.jpg


            が、見た目以上に獰猛にもなっているのも雄鶏。
            この写真を撮っている最中にも、私に襲ってくるくらい!
            もちろん、立ち向かってやりましたとも。
            両脚を開いて低姿勢で逆に向かって行ったら、
            雄鶏もビビッていました(フン!)。

            私みたいに立ち向かっていけない雌鶏は、
            まさに、いたぶられるがまま。
            雄鶏はひっきりなしに雌鶏に上にのって、
            交尾を仕掛けるらしいのですが、
            これがまた乱暴極まりない!

            それに比べれば、
            うちの種馬リソワールなんてかわいいもの。
            だから雌鶏が雄鶏にむやみに傷つけられることも多いのです。

            となると食べるための卵を得るだけならば、
            はっきり言って、雄鶏って“邪魔な存在”・・・。

            さて、この猛々しい雄鶏たち、
            一体、どうしましょうね?




            
            
            
[PR]
by yokosakamaki | 2013-02-06 22:58 | うちの鶏物語