ノルマンディーの風

緑の季節

d0223186_2384510.jpg

                   どこへ行っても最近の話題と言えば、
                   「もう、雨ばっかり(怒)!!」。
                   この話題、4月から恐ろしいほどぜんぜん変わっていない。

                   5月になれば~、6月になれば~、
                   という私たちの願いも空しく、
                   6月中旬に至っても、
                   「もう、雨ばっかり(怒)!!!」。

                   近頃はそこに、「そういえば、今年の春はなかったよね」と言う、
                   さらに悲しい思い出話も加わり、寂しさもひとしお。


d0223186_325539.jpg



                   と、人間たちが天候不順に不平不満を言っている間にも、
                   相変わらず自然界は前進あるのみで、
                   今やうちの果樹園は緑の世界へと様変わり。

                   花を咲かせてから葉を茂らせる果樹たちは、
                   街路樹などの樹木よりも新緑の季節が遅いのです。


                                      
d0223186_0381748.jpg



                   みずみずしい葉の間には赤ちゃん果実も見え隠れ。
                   今年もすっかり花を見損なったカシス、
                   濃い緑にほんのり赤みが差したりんご、
                   葉に負けず劣らず新緑色のさくらんぼ、
                   産毛がかわいらしいベビーコワン。
                   みんな、まだまだケツの青いヒヨッ子。

                   それでも天候不順の影響は一目瞭然で、
                   去年と比べると果実の数が少ない、少ない。
                   寒さで花がイマイチ咲かず、
                   咲いた花も嵐で吹き飛ばされ、
                   なんとか実をつけたところでさらに雨で叩き落され。
                   さらには太陽が十分に顔を出してくれなければ、
                   仕上がりの味にも響いてくる。

                   天候は人間の思いどおりにならないばかりか、
                   植物の思いどおりにもまったくならない。


d0223186_1132252.jpg
                   
                   
                   そんな中、一番元気な奴らといえば、
                   雑草といったところの草花。
                   ちなみにフランス語で雑草は、
                   “mauvaise herbe(モーヴェーゼルブ)”と言うのだけれど、
                   私は意味を知らずに最初に聞いた時、
                   「誰が“悪い草”って決めたのよ!」
                   となんだか腹が立った。

                   ま、日本語の“雑草”というのも可哀想な言い方ではあるけれど、
                   どんな環境でも強かに生き抜くのがこの分野の草たち。
                   強風が吹こうとも、雨が多くとも、
                   がっちり地面に根を下ろし、ニョキニョキと思う存分葉を生やす。
                   その生命力や、賞賛に値するほど。

                   果樹の間の地面もすっかり草でぼうぼうに覆われ、
                   今年のFanFanの雑草との戦いも完敗となった模様。
                   うちのチビどもだって、顔を覗かせるのが精一杯な成長ぶり。


d0223186_3212693.jpg

                   

                   「あれ?強力な助っ人たちはどうしたのよ」
                   とFanFanに聞くと、
                   「果樹の葉や果実まで食べられそうだからやめた」とのこと。

                   賃金値上げや労働条件改善を求めるのは、
                   どこの労働者でも同じこと。
                   今や果樹に膨らみ出した実があれば、
                   頭を下げて地面の草を食むよりも、
                   頭を下げずに採れる目の前の果実を食べるのは当たり前?

                   といっても馬たちみんなが、木に成る果実をも食べるとは限らず、
                   欲張りなのは性格によるらしいのだけれど。
                   強力な助っ人ではなく、欲張りな労働者となった馬を、
                   芝刈りに雇うのはあきらめたFanFan。
                   さらに雨続きを理由に芝刈り機を作動させるのも怠ったのは、
                   自分のせいだろ。


d0223186_3135644.jpg
                  

                   そんなこんなで放って置かれた果樹園は、
                   果樹も地面も見事に緑に染まったわけであります。

                   もしかして、
                   こういうのをオーガニックって言うのかしら?


                   
                   
                   
                                                   
                   
[PR]
by yokosakamaki | 2012-06-18 04:01 | うちの果樹園