ノルマンディーの風

子馬誕生!

d0223186_0304581.jpg

            その日は、うちの家の門を自動化するために、
            ほぼ毎週のようにやって来る電気技師のフランソワがいて、
            朝からバタバタしていた日だった。

            私は何の用事だったか忘れてしまったけれど、
            中庭にちょうど出ていて、
            牧草地から興奮ぎみに戻ってきたFanFanにバッタリ。

            「なに、子馬が生まれたって!」
            
            大慌てでカメラを取りに家に戻り、
            2人で一緒に牧草地に向かう。
            たいてい、子馬が生まれるのは夜の間で、
            FanFanでもいまだに出産に立ち会ったことはないのだとか。
            よって、ある日、牧草地に行くと、
            突然、馬が1頭増えているというわけ。


d0223186_0592286.jpg



            本当だ!昨日までいなかったチビッ子が、
            突然姿を現した!!

            とはいえ、生後1日目とは思えない立ち振る舞い。
            驚くべきはその強靭な足で、すでに母馬とほぼ同じぐらいの長さ!
            その4つの頑丈そうな足の上に小さな体が乗っかっているのだから、
            アンバランスなことと言ったら!

            子馬と言うより、
            “太足のバンビ”みたい!!

            セリア母さんにぴったりくっついたまま、
            すでに小走りだってできる。
            生後1週間でも目すら開いていなかった子猫たちとは大違い。
            まあ、子猫たちが2ヶ月ほどで生まれてくるのとは異なり、
            子馬は11ヶ月も母馬のお腹の中にいるのだから、
            準備万端で外界に出てくるというわけなのだろう。


d0223186_1363896.jpg



            生まれたてという証拠は、
            草の上に残った胎盤などを排出した生々しい後産だけ。
            テレビや映画でよくある、
            生まれたばかりの子馬が立ち上がる感動的瞬間なんて、
            そうそう見られるわけではないのですよ。

            出産後の母馬も気が立っているため、
            あまり近づかない方がいいとか。

            ちょうどこの日の午後にやって来た、
            毎週、うちにチーズを運んで来てくれる、
            シェーヴルチーズ屋さんのドミニク。
            以前、生まれたばかりの子馬を見にFanFanと牧草地に入ったところ、
            不注意にも出産直後のセリアの首を撫でた途端、
            わき腹をガブリと噛み付かれたことがある。
            プロレスラー並みにガタイがいいドミニクながら、
            なんと肋骨を折る羽目になったとか!

            「じゃ、今から一緒に子馬を見に行くか?」とFanFanに聞かれ、
            「勘弁してくれ!!!」と悲鳴を上げていた。
            

d0223186_212556.jpg



            午後に再び、こっそりと子馬の様子を見に行ったら、
            ちゃ~んとセリア母さんの母乳を飲んでいました。
            生後1日目にして、
            生きるための必要な術を心得ている子馬。
            もちろん出産にも事故はつきもので、
            元気に生まれてくるとは限らない。

            FanFanがセリアの気を荒立たせないように、
            足の間を覗き見た子馬は、立派な男の子だそう。
            毛色はリソワール父さんと同じような茶色に、
            アパルーサ種の特徴である白い斑点がある。
            まだ短い尾の付け根から背中にかけては、
            黒っぽい線が入っていて、
            FanFan曰く、「これは価値があるぞ!」とか。


d0223186_2521893.jpg



            お腹がいっぱいになったら、次はお昼寝。
            これは子猫たちと変わらないね。

            ゆっくりとお休みなさい。
            地上に生まれ出た最初の日は、
            あなたにとって、
            それはそれは大変な1日だったことでしょうから。
            
            

            

                       
[PR]
by yokosakamaki | 2012-05-17 00:28 | うちの馬物語