ノルマンディーの風

薪ストーブの楽しみ

d0223186_3375391.jpg

            私の実家も薪ストーブのある家で、
            そのストーブの使いっぷりは惚れ惚れするほど。
            夕食時になるとストーブの上には、
            常勤しているやかんの他に鍋が4つほど並ぶ。

            今夜のおかずやお味噌汁を温めている鍋から、
            明日のおかずになるための一晩中煮られてしまう鍋、
            お燗をつけるための鍋だって、もちろんあります。
            その鍋と鍋との隙間では、
            父親がいそいそと酒のつまみとするべく、
            銀杏を焼いているのだから、
            これこそ、まさに無駄なし。

            家の中は心地よい暖かさと、
            さまざまな鍋から出る料理の匂いで充満している。
            今日のご飯は何だろう、と漂ってくる匂いからあれこれ想像しつつ、
            階下からの「ご飯だよ」と呼ぶ声を、
            私は今か今かとお腹を空かせて待っている。
            これが実家の夕食時の風景。    

            だからね、薪ストーブのある家に住んだのならば、
            絶対、ストーブの上でご飯を作ろうを決めていたのだ。

            とはいっても、うちは床暖房と併用しているから、
            一晩中ストーブを点けているわけではないし、
            さらに夕飯の内容もほぼフランスご飯のため、
            そんなにおかずを作る必要もない。
            さらにさらには、オーブンを使うことも多いし、
            キッチンから微妙に遠くにあるため、
            なんでもかんでもをストーブの上で作るというわけにもいかない。

            と思っていたら、ちょうどこの日、
            最近新しく習得したファール・ブルトン(Far breton)を作ってくれたFanFan。
            彼お得意のクラフティーとは、まあ似たようなものなのだけれど、
            とにかくこちらはプルーンが入るのが大きな違い。

            「レシピにドライプルーンを浸すって書いてあるけれど、どうするの?」
            と聞いてくる彼に、
            「カルヴァドスに浸したら旨いぞ~」と勧める私。
            原液では強すぎるし、大量に必要になってしまうから、と、
            水で薄めて使ったFanFan。

            そのプルーン風味の薄いカルヴァドス液が残っていたのです。
            そこに都合よく、家にあるのが鶏肉1羽と大根。
            そうだ!これを使ってノルマンディー風煮物を作ろう!

            いつもよりも少し早めに夕飯の準備を開始。
            鋳鉄鍋のココットで鶏肉を焼き、大根を加えて混ぜ合わせ、
            カルヴァドス液を注いでひと煮立ちさせたらストーブの上へ。


d0223186_2253869.jpg



            この私のお気に入りのココットは、
            4年ほど前にパリのヴァンヴの蚤の市で買ったもの。
            CAだか、ACだかイニシャルが入っているけれど、
            有名メーカーではないだろうな。
            すでに鍋はいい色になっていたけれど、
            私もしっかり使い込んでいます。

            ココットの蓋に縁がついているのは、
            ここに水を入れて火にかけるため。
            鍋の中で加熱された蒸気が、水の入った蓋にあたると冷やされて、
            再び鍋の中に戻るため、中の素材の乾燥を防げるのだとか。
            な~んて知ったかぶっていますが、
            水を入れて使ったことはありません。
            本当にそんなに味の差が出るのかなぁ???
            
            そのお隣に並ぶは新参者。
            去年の年末に大阪の道具屋筋で見つけて、
            そういえば長年欲しかったんだ、と突然思い出した南部鉄瓶。
            そして荷物持ちのFanFanが、
            はるばるノルマンディーに持って帰って来てくれたもの。

            うわさ通り、鉄瓶で沸かしたお湯はやさしく丸い口当たりに。
            ただ残念なのが、コーヒーには気にならないのだけれど、
            紅茶を淹れるには味がやさしすぎてしまうこと。
            でもなんといっても、フランスの硬水で淹れる日本茶が、
            まろやかでとってもおいしくなりました。
            これから日本茶の出番が猛烈に増えそうです。


d0223186_5231316.jpg



            それでも心配だったのが、この和風バリバリの鉄瓶が、
            果たしてフランスの家に馴染むかどうか。

            でも、こうしてフランスのココットと日本の南部鉄瓶の、
            ちぐはぐなコンビが薪ストーブの上に並んだ様子は、
            なかなかしっくりといっているよう!

            「あら、あなたも鋳鉄さん。私も鋳鉄さん」と、
            お互いの共通点を見つけたお見合いカップルのように、
            仲のいいコンビへの今後の発展が期待できそう!
            そして薪ストーブも、なんと鋳鉄さんではないですか!            

            といった、同素材ということもあるのだろうけれど、
            シンプルで実用的な“物の美”は、結局のところ、
            どこへ行っても、何と合わせても美しいということなのだろう。



            そんな美しき物たちを、時々眺めてはほくそ笑み、
            私は膝にいるパシャを撫でながら、ひたすら原稿を書いている。

            さっきから聞こえてくるのは、
            ココットのコトコト、鉄瓶のシュンシュン、
            ストーブの薪が時折パチッとはぜる音ばかり。
                        
            ちょうどココットをかけてから2時間が経つ頃。
            かすかに漂う、大根と鶏肉の甘い匂いに、
            お腹が悲鳴を上げ始めた!

            それではそろそろ、
            「ご飯だよ」とFanFanに声をかけ、
            うちも晩ご飯といたしましょうか。



d0223186_452292.jpg


            結局3時間近く煮込んでいた、
            鶏肉と大根のノルマンディー風煮物。
            仕上げにゆでた青菜を加えて食卓へ。
            ほろりと崩れる鶏肉と、甘くとろける大根のおいしさはいわずもがな。
            その後、残った煮汁に、残った青菜を煮浸しにし、
            最後の一滴まで堪能しました。
            ただ煮ているだけでここまでおいしく仕上がる、
            あぁ、すばらしきフランスのココットよ。





                       
[PR]
by yokosakamaki | 2012-02-17 06:09 | お気に入り