「ほっ」と。キャンペーン

ノルマンディーの風

魚を釣りに海へ

d0223186_1964297.jpg

            今年は本当に珍しく、
            天気がよく、温暖な秋の日々が楽しめるフランス。
            まあ、夏がなかったわけだから、
            このぐらいはお天道さんにもがんばってもらわないと!

            そんな柔らかな光が降り注ぎ、景色がキラキラと輝く秋のある日、
            友達のクリスチャンから突如、お誘いが。
            「今から船を出すから、魚釣りに行かない?」

            前にもクリスチャンのモーターボートに乗ったことはあるのだけれど、
            「今度は魚釣りもしてみたい!」というお願いを、
            ちゃんと覚えていてくれたのだ。
            私は朝から精を出していた、バスルームの掃除を文字通り放り出し、
            FanFanと一緒に近所の港に駆けつけたのです。


d0223186_1951519.jpg
   


            ここは、私たちが魚介を買いに来る港ではないのだけれど、
            魚の市場も開かれている漁港。
            クリスチャンの息子、ジュリアンを待っている間にも、
            海から戻ってくる漁船の姿がチラホラ。

            ちなみにこの小さな漁港の、
            モーターボートのパーキング代は年間250ユーロだとか。
            「そんなに高くないじゃん!」と反応する私たちに、
            「問題はスペースが限られていること。
            何年も場所が空くのを待っている人もいるんだから」
            と言う、クリスチャンの奥さんでオランダ人のミク。

            なにはともあれ、こんなご近所で船に乗せてもらえるなんて、
            ありがたや、ありがたや。
            ましてや、魚釣りもできるなんて、
            これぞ、田舎の素敵な遊び方!


d0223186_20162649.jpg



            ようやくジュリアンも到着し、いざ、海へ!
            小さなモーターボートは風を切り、
            とびうおのように跳ねながら海上を進む。
            豪快に水しぶきが上がり、
            時折、体がふわりと浮かぶ浮遊感に、
            ひしっとFanFanにしがみついてしまう。

            そんな状況を物ともせず、
            私たちの足元で船にへばりついているのは、
            クリスチャンの犬、デュヌ。          
            さすがに海に慣れた船乗り犬、よ!女前だね。

            目的地に着いてエンジンを切ったら、
            おもむろにワインの栓を抜くのはジュリアンの役目。
            まずは景気づけに、「かんぱ~い!」というわけ。
            そして早速、海釣りのやり方を伝授してもらう。

            4つのルアーがついた釣り糸を海底まで落とし、
            時々動かしながら、リールで糸を巻き上げていく。
            その繰り返しだとか。
            
            
d0223186_21112567.jpg



            これがまた、かなり面白い!
            だって面白いほど、サバ(maquereau)が釣れるんですもの!

            多い時なんて、
            4つの釣り針に5尾のサバが食らいついていることも。
            でもそうなると、重すぎて持ち上がらない、持ち上がらない。
            「キタキター!」とうれしさのあまりニヤケながら、
            ひぃひぃ言ってリールを巻いている、
            なんだか大変な状態。

            海面までやっとこ連れて来たサバたちを、
            船まで引き上げてくれるのはクリスチャンの役目。
            釣り針からサバたちを外してくれるのは、ミクの役目。

            私は釣り糸を下げたり、上げたりしているだけなわけだから、
            そりゃあ、面白いに違いない。
            仕舞いには、
            「サバ以外の魚が釣りた~い!」と叫びだすほど。
            えぇ、他の魚を釣るのはもっと難しいらしいです。

            ようやく最初の魚釣りの興奮が収まってきた私は、
            ミクと一緒に時々サバを釣り上げながら、
            時々おしゃべりをし、のんびりムードに。
            残りの男3人は釣りもせず、
            ワインを飲みながら、ず~っとしゃべりまくり。
            よくまあしゃべる、フランス男たちよ。

            海にぷっかりぷっかり浮かびながら、
            ワイン片手に魚釣りをしていると、時間の感覚がなくなっていくよう。
            波の不規則なリズムのせいなのか、
            海上でゆらりゆらりとゆらめく光のせいなのか、
            陸時間とは完全に隔離された、独特の時間が流れている。
            それはそれは、
            心までゆったりとしてくる、大らかな海時間でした。


d0223186_22154674.jpg



            この日の収穫は、サバ計26尾。
            たぶん20尾は私が釣ったに違いない、おほほ。
            (↑これをビギナーズラックと言う)。
            大漁の時は、釣り糸を下げては釣れる、下げては釣れるのさらに大騒ぎらしい。
            そういえば、夏前にクリスチャンからお裾分けでサバをもらった時は、
            110尾も釣れたと言っていたっけ。

            獲れた魚は尾を切って陸揚げしなくてはいけないとのこと。
            勝手に販売されては困るからとのことだけれど、
            110尾もサバが釣れた時には、売りたくなるのも分かるというもの。
            といっても、規則通りに尾を切ることをしないのが、
            このフランス人たち。
            獲れたサバは等分し、2家族で仲良く分配しました。
            
            その日の晩は、クリスチャン一家がうちに来て、
            みんなで一緒にサバを堪能することに。
            外に置かれた電気グリルで、
            サバを焼いてくれるのはFanFanの役目。

            夏前にもらったモノよりもひと回りもふた回りも大きく、
            ほんのり脂がのったサバは、まさに秋の味覚。
            自分で釣った魚をその日のうちに焼いて食べる。
            これほど旨い秋のサバは、他にはないでしょうね。     

                               

d0223186_23372462.jpg

[PR]
by yokosakamaki | 2011-11-19 23:44 | 秋のこと