ノルマンディーの風

子猫、6ヶ月

d0223186_4542221.jpg

                   さて、うちの子になったプリュムとクロクロ。
                   めでたく、6ヶ月になりました。

                   上の写真ではちと分からないと思いますが、
                   止められない、止まらない、
                   巨大化し続けるプリュム。


d0223186_573613.jpg



                   これって本当に6ヶ月児の大きさなのでしょうか?
                   クロクロは相変わらず、チビのままですが、
                   クロクロよりも全体はひと回り以上あり、
                   足なんて2倍近くありそうな巨大さ。

                   もちろんオスとメスの違いでしょうが、
                   その成長ぶりには、いやはや、びっくり!


d0223186_5124847.jpg

                   

                   ミヌー母さんなんてあっという間に追い越されていますから。

                   そんな巨大なプリュムながら、
                   クロクロよりも断然甘えん坊。
                   そういえば、うちで生まれた女子猫たちは、
                   みんな自立心が強く、マイペースだった。
                   それに比べて男子猫たちは、
                   揃いも揃って私にべったり。
                   これもオスとメスの違いでしょうか?

                   加えて言わせてもらえば、
                   女子の方が断然賢い!
                   って私が女子だからと贔屓するわけではありませんよ。

                   たとえば、子猫たちがアルミホイルで作ったボールを転がして遊んでいると、
                   何度となく、ボールが家具の隙間に入り込み、取れなくなってしまうわけです。
                   そんな危険地帯をいち早く察知し、
                   そこに近づくと口でボールをくわえて避難するという、
                   高度な技術を身につけるのが早かったのが女子軍。
                   いつまでも、隙間にボールを入れてしまっては、
                   私が取り出してあげるのを待っているのが男子軍。

                   「少しは頭を使え!」と、叱られることもしばしば。


d0223186_527272.jpg



                   そんな男子筆頭のプリュム。
                   たぶん、自分が巨大化していることも気がついていないに違いない。

                   相変わらず、私に膝の上に飛び乗ってきては、
                   大股を開き、我が物顔。
                   ねぇ、プリュム。それ以上大きくなったら、
                   もう私の膝には乗れないからね。

                   今でも、プリュムのはみ出た部分は私が手で支えている状態。
                   その私の腕に必ず手を乗せてくるのが彼。
                   まるで温かな人肌を確かめたいみたい。
                   そうされると、私は逆に猫の肉球の温かさを感じ、
                   胸がキュンとしてしまう瞬間でもあるのです。                   
                   
                   時には膝の上で私の目をじ~っと見続けるプリュム。
                   無表情でありながら、何か言いたげな緑色の目に、
                   吸い込まれそうになることもしばしば。

                   構って欲しいときには、巨大な肉球で、
                   私の顔をペタペタと触ってくるのが常。
                   はいはい、あなたが一番のワガママ王子ですよ。

                   私がサロンから出ようとすると、突然ソワソワしだし、
                   後を追ってくるのもプリュム。
                   すぐにサロンに戻らないと、扉の前で鳴き出す事に。

                   私にもトイレぐらい行かせてくれ!


d0223186_543318.jpg



                   替わって、常に我が道を行くクロクロ。

                   生まれた時からピーピーとうるさかったけれど、
                   そのまま大きくなり、今やとんでもないおしゃべり娘に。
                   でも猫らしい声を出すことはほとんどなく、
                   たいてい、キュルとか、ピュウとか、ミュとか、
                   意味不明な音ばかり。

                   文脈と言うものはなく、
                   「だからね、でもね、といっても、なのよ」と、
                   独りで納得している感じ。

                   もっとはっきり、しゃべってください!

                   彼女が自分から私の膝に飛び乗ってくることは稀。
                   と言っても、必ず先に、
                   うちのワガママ王子が占領しているからかもしれないけれど。
                   クロクロのいつもの居場所は大きなクッションの上。


d0223186_644912.jpg


                   
                   このクッション、使わないから捨てようかと言っていた矢先に、
                   子猫たちが産まれ、猫たちに献上したもの。
                   最初は6匹の子猫がみんな乗っていたのに、
                   今やクロクロ1匹が独占し、寝ている間に頭までがずり落ちる状態。
                   そういえばプリュムがここで寝ていることは、今や皆無だな。

                   私がサロンから出て行っても、独り残されても、
                   他に誰が来ても、まったく平気で爆睡できるのがクロクロ。
                   寝ている間に、突然一言、
                   寝言を言い出すのも彼女ならでは。

                   そして私は知ったのです。
                   クロクロが私の膝や高い場所から飛び降り、
                   着地する時も“キュル”と変な音を出すことを。

                   そうか、クロクロ。
                   あんたのお腹の中には鳴き笛※が入っているのね!
                   (※フツーはぬいぐるみの中に入っていて、押すと音が出る)

                   ほらほら、あのガイ・リッチー監督の“スナッチ”の映画で出てくる、
                   オモチャを飲み込んだ犬のように!
                   そうと考えなければ、あんたの変な音はどこから出てくるのさ!

                   プリュムが“マザコンのワガママ王子”とすると、
                   クロクロは“オモチャ音の出るクールな姫”といったところかしら。


                   そんなうちの子猫2匹だけれど、
                   生後6ヶ月を迎え、去勢&避妊手術をしました。
                   プリュムには迷いはなかったけれど、
                   クロクロにはちょっとどうしようかと。
                   また“子猫配達人”を務めてみたいじゃない。

                   でも結局、手術をすることに。
                   これで、2匹とも幼少時代を卒業したみたい。
                   そして、なんだか私は、
                   ちょっぴり寂しい気分なのです。

               
d0223186_629853.jpg



                   2匹のバンザイ寝は、まさにミヌー母さん譲り。
                   今日もうちの中が平和で、
                   まったくうれしい限りです。
                   
[PR]
by yokosakamaki | 2011-11-06 15:52 | うちの猫物語